2007 SUPERGT RD7 REPORT

RACE REPORT ~ 2007 SUPER GT 第7戦 もてぎ

IMG_7294.JPG9月9日 栃木県・ツインリンクもてぎにて、SUPER GT第7戦が行われました。
この週末、関東地方には台風が上陸した為、通常行われる金曜日のプラクティスは午前中がキャンセルとなり、午後のみの走行となりました。午後になると天候は急速に回復していきますが、セッション序盤は路面がまだ濡れていたため走行を控え、路面が乾き出した後半から本格的なセットアップを進めていきました。
土曜日は晴天となり、9月とは思えない厳しい残暑の中、予選を迎えます。今回は通常と予選方式が異なり、午前中にドライバーが基準タイムをクリアする為の予選を行い、午後からは3回の予選を行います。1回目、2回目とそれぞれ決められた順位以下の車を振り落としていき、最後の3回目にTOP10の順位を決める、ノックダウン方式で行われました。
午後の予選は田中選手が担当し、1回目、2回目と予選を通過していき、3回目には6番手タイムをマークして決勝を迎えることになりました。
日曜日も30度を越えるコンディションの中、決勝を迎えます。スタート進行に向けて10分間のウォームアップ走行を行いますが、そこで車内に燃料が漏れ出すトラブルに見舞われてしまいます。スタートまで30分と時間が無い状況で完全に修復するのは不可能で、症状が満タン時にのみ起きていた為、スタート時の燃料を減らしてスタートする事になりました。何とかギリギリで作業が終わり、ピットからレースをスタートしていきます。
最後尾からのスタートになりましたが順調に周回を重ね、中盤には15番手にまで浮上してピットイン。給油、タイヤ交換、ドライバーを僕に交代してピットアウトします。
厳しい暑さの中でのレースは予想以上に荒れた展開となり、接触やトラブルによってリタイヤする車両が続出します。
終盤にはポイント圏内の10位まで浮上しますが、スタート前の修理でドライバーを冷却する為のエアダクトやクールスーツが全て取り外されていた為、苦しい状況での走行を強いられます。
最後の数周は非常にタフな走行となりましたが、何とかポジションをキープして10位でゴール、ポイント獲得となりました。
今回は予期せぬトラブルで一時は出走も危ぶまれましたが、メカニック達が懸命な作業で何とかスタートに間に合わせ、結果10位までポジションを挽回する事が出来ました。
今シーズンもあと2戦となりましたが、残りのレースでより良い成績を収められる様、頑張りますので、皆さん応援宜しくお願いします。